四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

肩関節周囲炎とは、明らかな原因がない肩関節の痛みです。

40~65歳に好発し、特に50歳頃に多くみられます。

原因

明らかな原因はないが、靭帯や腱関節包滑液包軟骨など肩関節を構成する組織に炎症が起きることで
痛みや拘縮(こうしゅく)につながります。

経年的な日常生活や仕事、趣味など繰り返し肩への負担が大きい場合などにより、肩関節周囲炎につながりやすくなります。

症状

・高い所に手が届かない
・服を着替える時に肩が痛くなる
・頭に手が届かない
・腰に手が届かない・・・etc

肩関節を囲む棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋肩関節の前方にある
上腕二頭筋の滑走不全が起こるため、超音波、マッサージが有効です。

コメントを残す

前の記事

10年に1度の大寒波