自律神経系と睡眠

自律神経は自分の意思とは関係なく働く神経で

「交感神経」「副交感神経」に分かれます。

 

●「交感神経」は主に〝緊張状態″で優位になり
●「副交感神経」はリラックス状態、就寝時に優位になります。

 

就寝の約1時間前に副交感神経の活動が優位になり
その時間での強い照明、携帯電話、ゲーム等は
交感神経を優位にしてしまい、寝つきを悪くしてしまいます。
就寝前に、より副交感神経を優位にするにはストレッチ、温かい飲み物を飲む、照明を弱くするなどの対策をすると、寝つきが良く、良質な睡眠になります。
皆さんも就寝の1時間前に注意して、質の高い睡眠を目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + 16 =