カフェインについて

カフェインはコーヒーや緑茶などに含まれる成分であり、

主に持久的な運動能力を向上させる効果があると知られています。

 

 

カフェインには他にも、脳の興奮水準を高め、

覚醒作用を発揮し、長時間運動時の

疲労感の軽減、パフォーマンスの向上につながると考えられています。

 

 

また、交感神経活動を亢進(こうしん)し

アドレナリンの分泌を促進

脂肪分解酵素の働きを高める作用もあります。

運動中の脂肪利用を促進し
糖質の枯渇予防、さらに運動持続時間の
延長につながっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − 1 =