ウレタンマスクはやめたほうがいい?

こんにちはみなみ整骨院です

 

コロナウィルス感染予防対策の1つとして、みなさんマスクを使用されていると思います。

そんな中、ウレタンマスクはやめた方がいいと耳にした事はありませんか?

不織布マスクとウレタンマスクがどのように違うのか、分かりやすく数字で見ていきたいと思います

飛沫防止効果のシミュレーション結果

「吐き出し飛沫量」自分が他人にうつしてしまう

不織布マスクは約80%カット    吐き出し飛沫量は20%程度

ウレタンマスクは約50%カット   吐き出し飛沫量は不織布マスクの2.3倍

「吸い込み飛沫量」感染予防の指標

不織布マスクは約70%カット    吸い込み飛沫量は約30%

ウレタンマスクは30~40%カット   吸い込み飛沫量は不織布マスクの2倍以上

 

いかがでしたか?

上記の様にウレタンマスクの感染予防効果は不織布マスクに比較して大きく劣る可能性があるようです

とはいえウレタンマスクの予防効果も0ではありません

ウレタンマスクの上に不織布マスクを重ねて使う、というやり方も効果的であると考えられている様です

不織布マスクだと肌荒れが辛いなど、ほかのマスクを使わざるを得ない方もいらっしゃるので、それぞれ自分に合った使い方をすると良いかもしれませんね

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + sixteen =